【紹介】そもそも、ウォーレン・バフェットとは?

投資

ウォーレン・バフェットは、アメリカの有名な長期投資家であり、50年で資産を7000倍にした伝説の投資家です。

1930年8月生まれで、父親が証券業界に勤めていたため、11歳の時に初めての株式を購入しました。

バフェットは幼い頃からの経験で、「優良な会社の株を長期保有する」という投資方法を確立しました。バフェットはコカコーラやマクドナルドなど、誰でも知っていている株を好んで購入します。

バフェットは様々な投資の名言を残しています。

「10年、20年経っても欲しいと思うものを作っているかどうか、これが私の投資判断の基準です。」

「株式投資の極意とは、良い銘柄を見つけて、良いタイミングで買い、良い会社である限り保有し続けること。これに尽きます。」

など。バフェットの投資哲学はバフェット理論として、広く知られています。

バフェットの投資対象には、主に3つの要件があります。

・サービスの永続性

→提供する商品、サービスが、経営者が変わっても永久的に持続するものであること。

・市場独占性

→サービス、商品が業界内で圧倒的な優位性を確立していること。

・成長性

→マーケットの規模が大きく、今後にさらなる発展が望めること

バフェットは事業の内容を理解している企業の株しか購入しません。徹底した企業研究が、驚異的なリターンを生み出しています。

バフェットの名言は多数あるので、気になった方は調べてみてください。

評価額の増減 +0円

評価額合計 +1,036,000円

コメント