【暴落に強い】ヘルスケアと生活必需品のETF

投資

バフェット好き20代です。

シーゲルは株式投資で財産を築くために高配当株式による戦略を提案しています。

米過去50年でのトータルリターンの高い株式の90パーセントがヘルスケアと生活必需品です。

ヘルスケアと生活必需品のETFを買うことで、今後も高い確率でリターンを得ることができるでしょう。

ヘルスケアのETFで最も手数料が安く、組み入れ銘柄が多いものは、バンガードのVHTです。VHTの現在の経費率は0.09%であり、336銘柄を組み入れています。米国のヘルスケア事業の大型株から小型株まで幅広く組み入れており、配当利回りは現在1.00%と低めです。

こちらがVHTの過去5年間のチャートです。

スクリーンショット 2016-07-16 17.25.17

 

その他にはスパイダーのXLVも有名です。経費率は0.14%であり、組み入れ銘柄は59銘柄です。こちらはS&P500銘柄のヘルスケアセクターと連動しています。配当率はおよそ1.6%です。

次は生活必需品のETFを考察します。

生活必需品セクターには、コカコーラや、P&G、ネスレなど、私たちの生活と密接に関わる企業が組み入れされています。

生活必需品セクターのETFにはVDCやXLPなどがあります。

VDCは経費率0.1%で、組み入れ銘柄は100銘柄です。配当利回りは現在2.00%です。

XLPは経費率0.14%で、組み入れ銘柄は38銘柄と厳選されています。配当利回りは現在2.6%です。

XLPの過去5年のチャートを上げておきます。

チャートを見てみると、生活必需品セクターは非常に安定的に上昇していることがわかります。

バフェット好き20代は株式市場全体が暴落した時にはXLPの購入を検討しています。

スクリーンショット 2016-07-16 17.40.47

XLPの組み入れ銘柄の上位も紹介します。

XLP組み入れ銘柄

以上がXLPの組み入れ上位10銘柄です。どの銘柄も暴落に強く、長期投資にふさわしい優良銘柄です。

ヘルスケアと生活必需品はどちらも過去長きにわたって成長を続けてきたセクターです。どちらも需要がなくなることがないので、投資して大火傷することはないでしょう。

評価額の増減 +0円

評価額合計 +1,036,000円

コメント

  1. […] 参考:【暴落に強い】ヘルスケアと生活必需品のETF […]