ポケモンGOが日本でリリース開始、マクドナルドが提携発表

投資

バフェット好き20代です。

世界中で大人気なポケモンGOが日本にも7月22日についに配信されました。

ポケモンGOはすでに30カ国以上で配信中で、アジア圏では日本が初めてのリリースとなります。

配信開始から間もなく、日本マクドナルドがポケモンGOのゲーム内に国内の店舗を登場させると公表しました。マクドナルド内でポケモンGOの様々なアクションを起こすことができるそうです。現実世界の事業も巻き込んだ1大ブームが巻き起こりそうです。

ポケモンGOは任天堂と、グーグルから分離独立したNIANTICが開発、運営中のゲームです。

アメリカではスタートから1週間の間でユーザー数が6000万人を超える超ヒット作となりました。さらに、レストランやカフェなどに集客ツールとしてポケモンGOを使うことができ、そのあたりの経済効果も期待されます。

しかし、ポケモンGOの人気が過熱しすぎて、社会問題となる不安も大きいです。アメリカではすでにプレイ中のユーザが強盗の被害を受けたり、ポケモンGOが交通事故の原因となり社会現象が起こっています。日本では国家組織である内閣府サイバーセキュリティセンターがポケモンGOのユーザーに向けて注意を呼びかけるといった異例の事態が起こりました。

以下は任天堂の過去1年のチャートです。

任天堂株価

評価額の増減 +3000円

評価額合計 +1,05,000円

コメント