日本人投資家が米国債を買い急いでいることが判明

米国債 投資

バフェット好き20代です。

財務省により、日本人投資家が2週間連続で外国債を買い急いでいることがわかりました。

7月15日の週には日本人投資家は外国債を1兆7000億購入しました。その前の週は2兆5000億を購入しており、これは2005年以降で最大の購入金額となりました。最近の10年型の米国債は過去最低水準付近をうろついています。

米国債が日本人投資家から買いこまれている理由として、日本国債の10年型の国債は現在利回り-0.225であるのに対し、米国債は1.54%と高いことが挙げられます。また、2013年以来最も高い水準となっている最近の円高の影響もあり、米国債買いが過熱しています。

以下は過去5年間の米国債利回10年のチャートです。

米国債

評価額の増減 +0円

評価額合計 +1,050,000円

コメント