フィリップモリス【PM】は割安水準になってきている?

投資

バフェット好き20代です。

現在トランプの勝利により債権の利回りが上昇して債権の買いが進み、反対に米国の高配当銘柄が売られている状況です。

その中で米国の優良なタバコ銘柄であり、シーゲル銘柄の1つでもあるフィリップモリス【PM】も割安水準と言える株価になってきました。

フィリップモリスの特徴として以下が挙げられます。

・上場しているタバコメーカーの中で販売数量世界一の圧倒的シェア。

・高配当な優良銘柄。シーゲル銘柄の1つ。

・連続増配をしている

・マルボロなど、知名度とブランド力が高い製品を持つ。

以下はPMの最近のチャートです。

PMチャート

トランプが大統領に決まってから下落を続けています。

現在の株価は87.33ドルで、PERは20.89です。このPERは高配当銘柄であるPMの中では低い水準であると言えます。

PMの現在の利回りは4.68%です。

バフェット好き20代はこの機会にフィリップモリス(PM)の購入を検討します。PMの他にもPGやT、KO,などの優良銘柄も下落中なのでどれに投資するか悩みどころです。

いずれにせよ、一度買った株は一生売らないスタンスで株式投資を継続していきます。

バフェット好き20代の評価額は円安の影響で上昇しています。資産が少ないうちは円高水準のままでいてほしいです。

評価額の増減 +80000円

評価額合計 +1,378,000円

コメント