VIX(恐怖指数)は上昇しているのにSPYは上昇中

投資

バフェット好き20代です。

最近米国株全体が割高になって買い渋っています。米国株全体が上昇する中下落していたKOやVZなどに目をつけていましたが、ここ1週間でかなり上昇してしまい買う気が起きません。

タイトルにあるVIXはS&P500のボラティリティです。VIXは恐怖指数と呼ばれており、投資家たちの不安を数値化した指標です。普通は暴落などが起こるとVIXは暴騰します。現在のVIXは13.05ですが、リーマンショック時のVIXは79.13です。

以下は1992年から現在までのVIXです。

vix

全体的に見ると1年に数回VIXは急上昇しています。最近の上昇はイギリスEU離脱問題の時期でしょうか、トランプが大統領になった時も一瞬上昇した形跡が見られます。

上のチャートを見ると大したことありませんが、本日SPYは0.5%上昇していますが、VIXも1.58%上昇しています。最近SPYが上昇しすぎていることから、投資家たちが買われ過ぎの不安を感じているのではないでしょうか。

以下はSPYのチャートです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-14-0-26-08

バフェット好き20代は値下がりしている優良株を買うのが好きなので、このような最高値を更新しているチャートを見てもあまり買う気が起きません。しかし将来のことはわからないので、SPYと似たようなチャートのVYMを高値でも買っていこうと思います。それとは別に自分の裁量で個別の優良銘柄も毎月VYMと同じ額だけ購入していく予定です。

米国株は円安と株高が進んでいるため、無理にドル転しすぎないよう我慢しています。

評価額の増減 +73,000円

評価額合計 +1,577,000円

コメント