米国株は割高なのか。バフェットの現金ポジションについて

バークシャー 投資

バフェット好き20代です。

バフェットが経営しているバークシャー・ハサウェイの現金ポジションがおよそ$100B(1000億ドル)に達しました。

個人投資家からすると、とてつもない額をドルとして保持しています。

以下はバークシャー・ハサウェイの現金ポジションのグラフです。

現金ポジション

バークシャーの現金ポジションが増加している理由として、現在の米国株があまりに割高なため、バフェットが投資を控えていると一部のエコノミストは分析しているそうです。

1000億ドルはスケールが大きすぎて想像できないですよね。バフェットは会社として資産を運用しているので、リスクヘッジとしてキャッシュポジションも重要なのでしょう。

私は個人投資家であり、現金で持っておくことに魅力を感じられないので、常にインフレに強く配当の出る米国株で資産を運用していきます。キャッシュポジションは2ヶ月分の生活費で十分と考えています。

以下は過去5年のバークシャー・ハサウェイのチャートです。

バークシャー

バークシャー・ハサウェイを所持しておくことで、間接的にバフェットに資産を運用してもらえます。下手に自分で個別株を選ぶよりも良い結果になるかもしれませんね。

バフェット好き20代は暴落が来たら配当金を増やすチャンスと考え、高配当銘柄や高配当etfをコツコツと買い増ししていきます。

評価額の増減 -5000円

評価額合計 +2,540,000円

コメント