VDCとXLPは生活必需品の優良ETF。購入を検討。

投資

バフェット好き20代です。

米国株の最近の値上がりは嬉しい面もありますが、暴落するんじゃないかと不安な面も大きいです。

メインで購入しているVYMだったり、IVVは金融セクター比率が意外と高くて暴落時に少し不安を感じるんですよね。。

暴落時のリスクを減らすため、S&P500指数のリターンを超える可能性が高く、暴落に強い生活必需品セクターのETFをポートフォリオに加えようかなと考えました。

生活必需品セクターで有名なETFにはVDCとXLPがあります。

以下はXLPの組み入れ上位銘柄です。

生活必需品の優良銘柄が名を連ねています。どれも長期投資に値する銘柄だと思います。

VDCの組み入れ上位銘柄もほとんど同じです。

VDCとXLPを簡単に比較してみます。

経費率はVDCが0.10%でXLPが0.14%です。

どちらも許容範囲の経費率ですが、安いに越したことはないのでこの点ではVDCに軍配が上がります。

次に出来高で比べると、VDCは10万前後で、XLPは1000万前後です。

出来高はXLPの方が圧倒的に多かったです。この点ではXLPの勝ちでしょう。

現在の配当金はVDCが2.52%でXLPが2.62%です。

配当金は同じくらいの時もあるので一概には言えませんが、現在はXLPの勝ちです。

他に大きな違いとして組み入れ構成銘柄数があります。

VDCの構成数は102個で、XLPの構成数は34個です。

XLPは大型株メインで、VDCは小型株も含んでいる感じです。

あとは、XLPの方が銘柄数が少ないため回転率が低かったです。

私は回転率の低さと、出来高の多さからXLPの購入を検討します。

どちらを選んでも市場平均を超える可能性の高い優良ETFだと思います。

コメント