S&P500の暴落の周期は何年くらい?暴落時の対応は?

投資

この記事を書いている現在、米国株はもちろん、日本を含めた世界中の多くの国の株価が好調です。

株価が上がりすぎていて暴落が怖く購入を控えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

自分もいつ暴落が起こるか心配なので、SPYやIVVなどのETFで有名なS&P500指数がどのくらいの頻度で暴落しているのか調べてみました。

米国株ブログランキングです。
応援のクリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

S&P500暴落の周期

以下はS&P500のチャートです。世界恐慌(1929年)直前の1928年から現在までのチャートです。

細かな下落も多いですが、大きな下落に注目すると、およそ10年周期で暴落が起こることが多いです。

S&P500以外にダウ指数などでも同様の周期になっているようです。

前回の暴落(リーマンショック)が起こったのが2007年の10月あたりからなので、現在10年と数ヶ月が経過しています。

これから上がるか下がるかは誰にもわかりませんが、下がっても不思議ではない状況なのではと思います。

暴落時の対応は?

暴落時というか、高値になりすぎていて、暴落が怖い時の対応を考えてみました。

・米国債、全世界国債のETFを購入する(BND、BNDXなど)

・現金保有率を高める

・IT、金融銘柄を避け、生活必需品セクターなどのETFや個別銘柄を購入

・株と逆相関を持つモノに投資する

などが考えられるのではないでしょうか。

他にもあれば教えていただきたいです。

暴落が起こった後は、逆に割安になってる金融銘柄に投資したりするのも面白いかもしれません。

今日は以上です。

コメント