P&Gも暴落したし、XLPの購入を検討

投資

米国金利上昇による最近の株式の調整局面で、生活必需品セクターの高配当銘柄が大幅に下落しました。

細かいことはわかりませんが、今回の暴落の理由が景気後退ではなく、景気が良くなり金利が上がってきたことによるものなので、ディフェンシブ銘柄であるP&Gなどが多く売られたそうです。

以下はP&Gの週足チャートです。

2016年の10月よりも株価が低い状態です。

個別でP&Gを買うのも悪くはありませんが、バフェット好き20代はP&Gが10%含まれているETFのXLPを購入することで、間接的にP&Gにも投資しようと思います。

XLPは生活必需品セクターのETFです。

上昇局面ではS&P500に負けますが、高値圏からの暴落に強く、暴落前から比較したリターンはS&P500を上回ります。

以下はXLPと、S&P500、P&Gのリーマン・ショック直前の高値から現在までのチャートです。

ピンクがXLP、青がS&P500、黄色がP&Gです。

XLPがS&P500に40%ほど差をつけて1位です。

ちなみに、リーマンショックの大底で買うと、S&P500が一位になります。

最近株価が高いな、、と思った時はXLPなどディフェンシブ銘柄のETFを買うといいかもしれませんね。

今日は以上です。

コメント